トップ

求人に応募後の対策をしよう

求人に応募してから

面接

求人における自己紹介は自己PR

求人があって応募した企業での面接で、自己紹介をするように促された場合には、それは自己PRを求められているものと理解しましょう。初対面の人ばかりのところで友人を作るために自分を紹介するという場ではなく、企業の人事を担当する人たちが自分たちと一緒に働く人を選ぶ場です。自分がその企業にふさわしい人間であるということを盛り込んで話すべきです。求人の場であってもお互いに初めて会う者同士であることは間違いありませんが、友人になるための場ではなく、企業の一員として選ばれるか否かという場であるのです。そのことを忘れずに自己PRも盛り込んで自己紹介をしましょう。

採用面接時の自己紹介について

求人の応募時には、採用面接が実施されています。その席上では、自己PRを兼ねた自己紹介の時間が与えられます。とかく、趣味や関心の高いものに対して、そのことに対する説明に終始することがありますが、自己紹介から離れた内容になりますので注意が必要です。これまでに学んできたこと、夢中になってきたことを通じて、どのような自分が形成されてきたのかを伝えていきます。性格やものの捉え方に望ましい変化があるようであれば、それを有意義に生かすために、どのようなことが必要なのか、社会人生活の中でも実現可能なのかについて触れておきますと、求人側に与えるイメージも良くなっていきます。

↑PAGE TOP

© Copyright 求人に応募後の対策をしよう. All rights reserved.